Warning: getimagesize(/kmr/images/080220_01.jpg) [function.getimagesize]: failed to open stream: No such file or directory in /home/tabioto/tabioto.com/public_html/wp-content/themes/salient/twitter-card.php on line 44

メキシコ人の漁師の話

2008/02/20


最近ネットで出会った話をご紹介。
どうやら結構前から知られているものらしいけれど、なかなか面白かったので。
写真はいわゆるリゾートではない、メキシコのビーチたち。
どこも特徴があって楽しかった。




メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。
メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。その魚はなんとも生きがいい。
それを見たアメリカ人旅行者は、
「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」
と尋ねた。 すると漁師は
「そんなに長い時間じゃないよ」
と答えた。旅行者が
「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」
と言うと、漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。
「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」
と旅行者が聞くと、漁師は、
「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、
女房とシエスタして。夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…
ああ、これでもう1日終わりだね」
すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。
「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、きみにアドバイスしよう。
いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。それであまった魚は売る。
お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。
その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。
そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。
その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。
きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」
漁師は尋ねた。
「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」
「20年、いやおそらく25年でそこまでいくね」
「それからどうなるの」
「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」
と旅行者はにんまりと笑い、
「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」
「それで?」
「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、
日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、
夜になったら友達と1杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。
どうだい。すばらしいだろう」

少し考えさせられてしまうけれども、スパイスの効いた話でなかなか好きだ。

この話の舞台としても似合いそうなのが、ホルボッシュ島。
ここはジンベイザメと泳ぐツアーへ参加するために訪れたが、元々は漁師町だったと読んだことがある。
地球の歩き方にも出ていないが、時間のある人にはオススメしたい町。
とてもゆるーい時間が流れていた。
■■ サイト更新情報 ■■
Wallpaperにレンソイスとカナイマ国立公園を追加。
レンソイスは最近NHKスペシャルでも放映されていたブラジルの白い砂丘。
カナイマ国立公園、こちらも絶景系の番組などで良く紹介されているけれど、実際に驚きの世界。
2008.2.21 鎌倉
by スミサト

Join the discussion 9 Comments

  • れいこ より:

    こんにちは。
    かな子さんのお友達のれいこです。
    おもしろいですねー。
    そんな漁師さんの生活を見て聞いて実感してみたい。
    私のブログでこのお話を紹介(リンク)してもよいでしょうか?

  • スミサト より:

    ■れいこさん
    はじめまして、お話は伺っています!
    漁師の話、面白いですよね。
    本当に同じようなステキな生活をしている人たちがいると思います。
    話の紹介はどうぞどうぞ!
    多くの人に読んでもらいたい話ですしね。

  • fuku より:

    Hola ! suni san kanatyan
    ima Costa Rica no San Jose kara desu. Cuba deha mainiti nanika ga okiru node neto dekizu
    30hi buri no net desu. Buraziru no artista no E ha
    Habana to Pinar del Rio de mituke masita.
    San Jose ha sugoi ookina machi de yosougai deshita. March 20 ni nihon desu. matane Chao!

  • スミサト より:

    ■ふくちゃん
    オス・ジェメオスの作品、見つけられたようで良かった良かった。
    僕らはピニャール・デル・リオ、バスからチラリとしか見られなかったけど、しっかり見られました?
    あと1ヶ月近いけど、サンホセの次はどこへ?
    また近況を知らせてくださいね!

  • れいこ より:

    スミサトさま
    こんばんは。
    早速、ブログにリンクさせていただきました。
    出版楽しみにしています!
    いつか鎌倉遊びに行きたいです〜

  • スミサト より:

    ■れいこさん
    こんばんは、リンク見ました。
    本のことまで紹介いただき、ありがとうございます。
    この話、色んな人が読んで、色んなことを感じて、考えてくれたらイイなって思います。
    そろそろ仕事をしないと、という自分もタイミング良く出会ったなーという感じです。

  • マイキー より:

    はじめまして~。
    先日かな子さんからコメントをいただき、遊びに参りました~。
    お二人のサイトなんですね!
    とても素敵で、むむむ、これはじっくり拝見しなければなりません。
    ↑のお話しもピリッと効きました。
    私も、将来の豊かさを求めてしまいがちですが、今この時も、二度と戻らぬ時間なのですよね。
    身を削っているのだと何だか考えちゃいました。
    また遊びにきまーす!

  • かな子 より:

    ■マイキーさん
    どうも、いらっしゃいませ!
    サイトを作っているのはほとんどスミサトひとりです。
    私はたまにちょこちょこ文章を書いてます。
    将来の豊かさは、結局今の暮らしの積み重ねなんですよね。
    それを肝に銘じて、就職活動がんばります。(笑)

  • Swertsp より:

    sglv sxbya http:/real-ale.org/pg/blog/read/2601/enlarge-pill qeyxyo w ej c dfk