Warning: getimagesize(/kmr/images/india/090316_01.jpg) [function.getimagesize]: failed to open stream: No such file or directory in /home/tabioto/tabioto.com/public_html/wp-content/themes/salient/twitter-card.php on line 44

小さな青い街の、本当の魅力

2009/03/18


まず、ロンリープラネット(ガイドブック)をぱらぱらめくったときに見つけた、おとぎ話のような街、という響きにグッと来た。
いったいどんな街だろうとネットで調べてみたら、これから行く予定にしているジョードプルのような、青い外壁の家々が連なる美しい街だということがわかった。
日本を出るときにはノーチェックだったブーンディー。
まさか、住む人も街の雰囲気もこれほど素晴らしい街に、早くも出会えるだなんて。


ジャイプルよりローカルバスで約5時間、日中のいちばん暑い最中にバスターミナルに到着した我々は、しばらくベンチに座って休憩してから宿へ向かうことにした。
ところが、すぐさまオートリキシャーのドライバーからお声がかかる。
「どこ行くの?」
来た来た。
目的地を告げたら、法外な値段をふっかけてくる気だ。もしくは勝手に違う宿に連れていくとか。
身構えながら目的地と、いくらで行けるのかを尋ねると、
「Would you like」という思わぬ答え。
こちらの言い値でいいの? 拍子抜けしてしまったが、まったくなんのトラブルもなく宿まで連れてきてくれた。
なんだかインドらしからぬ街だね、なんて言いながら、街を散策しているとき。
小さな子供がハロー、と声をかけてくる。
出たぞ。
二言目にはおこづかいちょうだいとか、おやつが欲しいとか、そんな言葉が続くに違いない。
と思ったら、次に出てきた言葉は「バイバイ」だった。
おや、単にあいさつしてきただけだったのか。

その後も子供だけでなく、商店のおじさんもすれ違ったおじいさんも、さまざまな人がきょとんとした顔をしている我々に向かって、たくさん声をかけてきた。
ときには握手を求めたり、「写真撮って!」とポーズを正しておすまし顔をしてみたり。
そして撮影したものを見せると、はにかみながらお礼を言ってきて、やっぱり「バイバイ」。
その誰もが、自然に、そしてほどよい距離感を保ちながら、観光客の訪問を歓迎しているかのようでうれしかった。



そんなあたたかい人たちが住んでいる街の風景も、これまた魅力的でとても絵になる。
路地裏の青い色に塗られた壁の前を、原色のサリーをまとった婦人が通り過ぎる。

塗装がはがれかかった外壁の前に仲良く停められた自転車が、お互いの魅力を引き立てている。
長いあいだ現役で活躍している味わい深いドアの前で休憩している人たちが、我々のほうを見て一斉に手を振る。
左を見ても右を見ても、それはもう写真に収めたくなるような被写体がたくさんで、カメラをしまう暇がまったくない。


街歩きだけでも充分見ごたえのあるブーンディーだが、ちゃんと観光名所もある。
たくさんのバオリー(階段井戸)があることで有名な街で、その中でも最大級のラニージー・キー・バオリーは深さが46mもありダイナミック。
先日訪れたアバネリのチャンド・バオリーの2倍以上も深いため、はるか先まで続いている石段を下のほうまで降りて見上げると、ずいぶんと遠くまでやってきたように思えるほど。
美しい彫刻のあいだには、就寝中のコウモリがゆらゆら、活動時間真っ只中のハトはポッポポッポとにぎやかに飛び回っている。

山側にはブーンディー宮殿があり、壁画や彫刻が大きな建物内部いっぱいに広がっている。
ここから街を一望すると、なるほど、ここが青の街だということが一目でわかる。

ダイナミックな階段井戸、豪華壮麗な面影を残す宮殿、エネルギッシュな市場。
そのどれもが訪れて絶対に損はない、この街のチェックポイントだ。
けれどブーンディー最大の魅力は、人なつっこいのに礼儀正しい住人と、青い色が印象的なほどよく朽ちた街並み。
これに尽きる。


大きな地図で見る
2009.3.16 ブーンディー / Bundi

Join the discussion 6 Comments

  • ガク より:

    インド、今更ながらまた行きたくなりました!
    建物、人の表情ともに写真うますぎる!
    僕のGX100もスミクンのお薦めだったベンツのエンブレムのようなふたが付きました。情報ありがとう。
    あ~あ~長旅に出たい!

  • daichirou より:

    お久しぶりです。
    わかりますか?

    すごいいい写真。
    すごいきれいな笑顔。
    すごいかわいい町並み。

    そこには
    ファインダーを覗き込んだ
    口のゆるんだスミサトくんと、
    その光景をみている
    口のゆるんだかな子さんが
    いるんでしょうね。

    まだ先の長い旅、
    お気をつけて。

  • nakano より:

    お、ジョードプルっと思ったらブーンディー??
    いい感じにはげかけた青色の街並みといい笑顔が
    溢れてる写真がそそられますねぇ。
    娘といつか行く場所候補のリスト入りです。(笑)
    ところで、トップの虎縞模様の女の子ですが、お二人
    に似てる気がする。印象だけだけどね。^o^

  • はる香 より:

    お久しぶりです。
    次はインドか~!いいな、いいな。
    行きたくなる写真ばっかりで困ります。
    あたしもカフェの準備がひと段落したら
    どっか行こう。

    じゃ、お気をつけて!

  • chiko より:

    いや~美しいですね!
    インドのカオスにも惹かれるけど、こんな街にも惹かれます。
    早くもインドに行きたくなりましたo(^-^)o

  • スミサト より:

    ■ガクさん
    ガクさんのオリッサレポートも楽しみにしてますよー。
    僕らはオリッサは殆ど行かないか、全く行かないかも、なので。
    ■daichirouくん
    まさかのdaichirouくんからの書き込み、ありがとう!
    この街は本当にステキな街で、魅力的な人が多すぎたんだよね。みんなイイ人で、快く写真を撮らせてくれて、凄くよかったよ。
    ■nakanoさん
    ただいまジョードプル滞在中だけど、魅力の違いはやっぱり人。ブーンディーの人は本当に最高だったよ。
    ジョードプルにはジョードプルの良さがあるけどね、ブーンディーはオススメです。
    ■はる香ちゃん
    そちらも色々と動いている感じだよね。
    メキシコもまた行きたい!
    次はどこに行くのかな?
    ブログでレポートしてね。
    ■chikoさん
    カオスに疲れたら、この街、という感じがイイかも。
    でもカオスに戻るのに勇気がいるかも。(笑)