Warning: getimagesize(/kmr/images/india/090313_01.jpg) [function.getimagesize]: failed to open stream: No such file or directory in /home/tabioto/tabioto.com/public_html/wp-content/themes/salient/twitter-card.php on line 44

風と宇宙

2009/03/14


首都の喧噪を離れ、辿り着いたのはデリーから南西に約260kmのところに位置するジャイプル。
ラジャスタン州の州都だけあって、この街もなかなかにぎやかだ。
しかし、大通りから1本裏手の通りにある宿に泊まっているせいか、割と静かでのんびり過ごすことができている。
さて、ジャイプルにやってきた目的はというと、街のシンボルでもある風の宮殿と宇宙を感じることのできる場所に訪れるためだ。


ジャイプルは、別名ピンクシティとも呼ばれている。
それは、風の宮殿を有する旧市街にある建物すべてが、赤土色の壁面に統一されているためだ。
ピンク、と呼ぶには少々色味が違うような気もするけれど、インドの街並みによく似合う色だと思う。
さて、目的である風の宮殿だが、まるで書き割りのような薄っぺらい建物で、内部は至ってシンプル。


でも、壁の縁取りがかわいらしい模様になっていたり、ステンドグラスのはめ込まれた窓から差し込む光が幻想的だったりと、細かいところにおっ、と思わせる装飾が施されている。
中でもいちばんの見どころは、最上階から望む旧市街の街並み。
はるか下では人も車もひっきりなしに行き交っていてせわしいのに、その喧噪とは正反対の場所で、ゆっくりその様を観察することができて面白い。


もうひとつの行きたかった場所が、ジャンタル・マンタルという天文台。
ジャイプルの街を築いた天文学に明るいマハラジャが造った施設で、インドに現存する4カ所のうち、ここジャイプルのものが最大だという。
敷地内には観測するためというより、モダンアートのような美しい形をした道具たちが、手の行き届いた庭の中に点在している。
その中でも最も気になっていたのが、サムラート・ヤントラと呼ばれる最大の観測儀。

現地時間・天頂距離・子午線などを計るもので、日時計としては2秒単位で計測できるようだ。
この緻密さだけでも充分すごいと思うが、それ以上に造形美と巨大さに圧倒される。
横でも正面でも、さまざまな角度から眺めても美しいのだから参ってしまう。
ただ、てっきり階段状になっているところは登れるものだと思っていたが、それはさすがにできないようで残念だった。
ここの上から眺めるジャンタル・マンタルの全景は、さぞかしい素晴らしいだろう。



続いてグッときたのが、ジャイ・プラカーシュ・ヤントラというもので、他の観測儀で計った結果を補足するためのもの。
こちらも形や複雑に書かれているラインがとても格好いい。
道具としての役割についてはよくわからないけれど、見た目が格好いいのだからきっと大事な道具なのだろう。


それにしても、風の宮殿と同じ城壁内にあり、目と鼻の先のはずのジャンタル・マンタル。
しかし、かなりの回り道をしなければ辿り着くことができない。
とくに標識があるわけでもなく、誰かに道を尋ねても適当なことを教えられたりして、余計に迷ったりする。
それだけに無事に到着したときには安堵の気持ちでいっぱいになる。
■■ お知らせ ■■
インドから旅音サイトへのアクセスができない場合が多く、ブログのアップに四苦八苦しています。
いただいたコメントはメールでチェックできるものの、コメントへのお返事ができない場合もあるかと思います。
どうぞご了承の程、よろしくお願い致します。
こんな状況ですが、コメントは全件楽しく拝見して、励みにしています。

大きな地図で見る
2009.3.13 ジャイプル / JAIPUR

Join the discussion 7 Comments

  • 興味津々堂 より:

    中南米スイッチを拝読して、このサイトも拝見しました。著作同様、気持ちが旅先に向かっちゃうサイトですね。インドからの更新も楽しみにしてます。僭越ながら私のサイトでも「中南米スイッチ」について書かせていただきました。

  • choki より:

    宇宙的な圧倒される感じ、写真からも伝わってきますから、ホンモノと対峙しているおふたりは相当なエネルギーをうけたんでしょうね。
    この写真も、前のもすごい!感動的な画像です。
    次回の期待もさらに高まります。
    大ファンより。

  • ちゃき より:

    うわ~ステキ過ぎる!!!
    いい時間を過ごしていますね~!
    私も今からでも行って合流したいっっっ 笑

    赤土色の建物、大好きです。
    こんな町並み、私的に一番ゾクゾクするかも!

  • カゴ より:

    kanakoさんお久しぶりです。
    インドの青い空は、アジアの東側とはだいぶん違うんですね。どちらかといえばトルコ側な空かと。
    いろいろ旅しているけれど、インドは行ったことないんで、刺激的です。僕のインドは、シンガポールのインド街かな。。。。

  • かな子 より:

    ■興味津々堂さん
    はじめまして!
    サイトでの拙著のご紹介、ありがとうございます。
    しかも、うれしくなってしまうような内容で、ちょっぴり恥ずかしいぐらいです。
    インドの旅も、中南米同様、充実したものになればいいなぁ、と思っていますが、さてどうなることやら。
    ■chokiさん
    インドは本当にパワーがあふれています。
    ちょっと気を抜くと、すぐ負けそうなほどに(笑)。
    先ほどアップした階段井戸の話なんて、さらにグッとくるのではないでしょうか。
    ■ちゃきさん
    待ってるよー(笑)。
    色の統一された街並みは、ステキよね。
    家それぞれの個性ももちろんアリだけど、こういう街全体を通しての個性というのもいいなぁ、と思う今日この頃です。
    ■カゴさん
    もっと濃い青空を想像していたのですが、ただいま暑期でものすごく乾燥しているせいか、街が砂ぼこりでぼんやりしているようです。
    ただ、この日はうまい具合に真っ青な空が撮れて、こりゃよかったな、と。
    しかし、毎日いろいろ予想外の出来事が多くてまいっちゃいますよ、インドは。

  • ふく より:

    Hola!すみさん、かなちゃん。すごいね!モダンな幾何学的建築が今までのインドの印象をすっかり消し去ってしまいました。もうひとつインド、楽しいわ~。ところで水飲んでる?

  • かな子 より:

    ■ふくちゃん
    水、飲んでるよ。
    もちろん、ボトル入りのミネラルウォーターだけど。
    近頃は毎日30度超え(どうも35度ぐらいはいっているよう)なので、ひとり1リットル近くは飲んでいるかも。