クリープハイプの作品集「もうすぐ着くから待っててね」のインタビューフォトブック表紙にチビオト登場

2017/02/14
creep2

チビオト、まさかの表紙デビュー。
今月22日に発売されるクリープハイプの作品集「もうすぐ着くから待っててね」の、オリジナル特典にあたるインタビューフォトブックの表紙に起用されました。
こちらはタワーレコードとTSUTAYAで予約した方のみ入手できるブックレットで、左はCDとDVDがセットになった初回限定盤と連動した正面向きのイラスト(タワレコ特典)、右はCDのみの通常版を模したもの(TSUTAYA特典)となっています。

さっそく両店舗に予約を入れ、そういやCDを予約するなんて十数年ぶりだなあということに気づき、新作が手元に届くまでのワクワク感を味わっているところです。

さて、大人気アーティストの作品に登場するこの男の子はいったい誰?と思う人も多いだろうから、ここでチビオトの簡単なプロフィールを。

●チビオト(6歳)
旅行作家であり、カメラマン、ライターを生業とする両親のもとに生まれる。
0歳から年に一度は海外へ出かけ、今まで訪れた国は12カ国(台湾、タイ、ラオス、ベトナム、マレーシア、シンガポール、インドネシア、モロッコ、アメリカ、ハイチ、ジャマイカ、メキシコ)。
近頃の夢は、宝くじを当てて2階建て飛行機のファーストクラスで世界一周すること、らしい。

好きなものは、電車、路線図、地図、iPad、プラグラミング、マインクラフト、トランプ、バックギャモン、UNO、海苔、まぐろのお寿司、炭酸飲料、ピタゴラスイッチ、プール、海、やさしい女の子。

近頃は、両親オススメの音楽を聴くことも大好きに。
>> 6歳児がハマった大人の音楽 2017年1月
>> 6歳児に大人が好む音楽を聴かせ続けた12月の結果
>> 6歳児に大人が好む音楽を聴かせ続けた結果…

今まで、チビオトの両親(つまり私たち)が関わった旅関連の書籍や雑誌には何度か登場しているが、まさかの音楽もので、しかも表紙。ありがたい。
なお、このフォトブックを手掛けたのは、話題沸騰中の美容文藝誌『髪とアタシ』のアタシ社。
「もうすぐ着くから待っててね」のアーティスト写真、ジャケット、ブックレットもすべてアタシ社が制作を担当し、イラストは『髪とアタシ』の表紙を毎号手がける一桝香欧さんによるものだ。

そして、1月31日発売の『髪とアタシ』最新号には、クリープハイプのVo.尾崎世界観さんが巻頭特集で登場するので、こちらも要チェック。
「音楽と髪」というテーマで、尾崎さんのほか、さまざまなアーティストが自身の髪への思いを語っていて、とても面白い。
そして、それに応えるように髪を仕上げる美容師の細やかな心遣いに、思わずため息が漏れる。
少し話は逸れるが、学生のとき、美容院に行って、オススメのお店とか音楽をさりげなく教えてもらうのが本当に好きだった。
それを(こっそり)真似するのが楽しくて、背伸びしたい年頃には美容師の存在がかっこよすぎて、とにかく憧れたよなあ、という甘酸っぱい気持ちを噛み締めながら、じっくり読んだ。

昨年あたりから、目立ちたがり屋の気質が出てきたチビオト。
代官山蔦屋書店での子連れ旅トークイベントでは自らマイクを握って話し、「鎌倉海のカーニバル」ではステージに上がってど真ん中に陣取り、忘年会に連れていけば各所で勝手に乾杯の音頭をとるし、テレビカメラを見つけると「ボクも映りたい」と駄々をこねるしで、とにかく今は注目を集めたくて仕方がないらしい。
この先が楽しみなような、ちょっぴり不安なような……。

ま、チビオトがこれからどんな風に変化していくかはまったくわからないけれど、ハラハラしながら見守りつつ、今はクリープハイプの作品集が手元に届くのを楽しみに、毎日を過ごそう。