「たび たび 子連れたび」レポート

2015/11/30
IMG_0802

東京おかっぱちゃんハウスでのトーク&シェアイベント「たび たび 子連れたび ~母ちゃんになっても旅するわたしたち」、大盛況のうちに終了しました。
ご参加くださった皆さま、本当にありがとうございました!

開催日が近づくにつれて予約が殺到し、当日は満員御礼!で、大人・子ども併せて60名近くの方にお越しいただきました。
出産前はよく旅に出ていたけれど、子どもを連れて出かけるのはなんとなく不安という方もいれば、これから旅立つ予定の方や、すでに海外子連れ旅を経験されている方まで、さまざまな旅好きが大集合。
育児に家事、仕事に追われていても、なお「旅に出たい」と思っているステキなお母さん・お父さんがたくさんいることに、かえってこちらが励まされたような気持ちです。

その方たちに向けて、0歳(10カ月)のときに初めて行った台湾の話からスタートして、5度目の子連れ旅となる今年始めに訪問したモロッコまで、子どもが年を重ねるごとにどんな旅ができるか、という自分なりの思いを織り交ぜつつお話しました。
子どもの夢中になれるものを探しにいく話は、なかなか面白がっていただけたのでは、と思っています。
そしてもうひとりのゲスト、さとうゆみさんの話が素晴らしく、旅音とは異なるタイプの旅で、一口に「子連れ旅」と言ってもさまざまなスタイルがあるなあ、と感じました。
さとうさんの、海外に住む「誰か」にひょいっと会いにいき、暮らすように過ごして得たものを帰国後に精力的にアウトプットするという姿勢と、彼女ならではの子連れ旅の工夫、ぜひ真似したいです。

とにもかくにも、「子連れ旅、なんか行けそうな気がする!」と思ってもらえたら、これ以上ない幸せです。

ラストの質疑応答のとき、泊まるところについてご質問くださった方がいらしたのですが、話が途中になってしまったので少々補足を。
旅行口コミサイト(トリップアドバイザー等)、宿泊予約サイト(Booking.com等)で予算・立地を入力して探す以外に、検索サイトで「地名+ホテル+自分の気になるキーワード(たとえばエコ、オーガニック、古民家、デザインとか)」を日本語だけでなく、英語で入れてみるのもオススメです。口コミサイトでは見つけられないBambu Indahのような個性的な宿を見つけることができるかもしれません。
宿によっては年齢制限があるため、予約前にポリシー部分を必ず確認することと、予約の際にはコメント欄に「●歳の子といっしょです」と伝えることも、ぜひやってみてくださいね。

今回、0~1歳の子は親御さんといっしょにトーク会場で過ごしてもらい、2~5歳はトークを聞いてもよし、隣の部屋で保育士ゆいなちゃんに遊んでもらうもよし、という感じで進行しました。
チビオトは母のトークなんてちっとも聞いてはくれず、ひたすらゆいなちゃんやお友達と遊ぶのに夢中だったようです。
もし今回のイベントで何かお気づきの点やご質問がございましたら、お知らせくださいませ。
今後もお子さまもいっしょに参加できるイベントを企画していく上で、参考にさせていただきます。

それでは皆さま、近いうちにぜひ子連れ旅へ!!
旅音も、年明けに6度目の旅に出かける予定です。