新コンテンツ:建築家 オスカー・ニーマイヤー

2015/07/05
800

2012年、104歳で亡くなったブラジル建築界の巨匠、オスカー・ニーマイヤー。
2007年にブラジルを旅したとき、このタイミングを逃すまいと、巡礼さながら熱心に彼の建築物を求めて歩き回った。

美しい海岸線と山の稜線。
リオの街を取り囲む自然の中には、魅力的な曲線がたくさん潜んでいて、そのラインからインスピレーションが浮かぶと、生前彼は話していた。
そして、女性をこよなく愛したニーマイヤーは、女らしいボディラインからも発想を得ていたという。
訪れる人を驚かせ、そしてどんな人でも受け入れる建築。
実際に訪ね歩いて、彼の言わんとすることが、ほんの少しわかった気がした。

今月18日から約3カ月に渡り、東京都現代美術館で「オスカー・ニーマイヤー展」が開催される。
代表的建築物の模型がさまざまなサイズで登場すると聞き、早く観覧したくてたまらない。
せっかくなので、サイトリニューアルの際、作業が終わらずに削ってしまったニーマイヤー建築の写真を改めて公開することにした。
下記はその一部をピックアップしたもの。

気になった方は、ぜひこちらの特集コンテンツをご覧ください。

Museu Nacional / Brasília

Museu de Arte Contemporânea de Niterói / Niterói

Memorial da América Latina / São Paulo

Auditório Ibirapuera / São Paulo

Catedral Metropolitana de Brasília / Brasília

Museu Oscar Niemeyer / Curitiba

Iglesia San Francisco de Asís / Belo Horizonte

Praça Maria Aragão / São Luís