Warning: getimagesize(/kmr/images/090125_01.jpg) [function.getimagesize]: failed to open stream: No such file or directory in /home/tabioto/tabioto.com/public_html/wp-content/themes/salient/twitter-card.php on line 44

POINT WEATHER

2009/01/26


サイトをやっていると、たまに見て頂いている方からメールを頂くことがある。
本を読みました! という感想から、広告張りませんか? など内容は様々。
それらのメールはメールソフトで「旅音問い合わせ」というフォルダに振り分けられ、
届くと太字になって表示される。
太字が現れる度にワクワクしながらメールを開く。
今月の頭に届いたメールは今までとひと味違った。


内容はリンクをさせて下さいという事で、ここまでは他の方からも頂くことがあるもの。
そのリンク元となるサイトが予想外、旅をコンセプトにしたカフェだった。
これはっ、と思ってすぐにサイトを見てみると、お店の雰囲気、旅先での写真、メニューまで全てツボ。
学生の頃からコンセプトのあるカフェが好きで、カフェ目当てだけで色々な街に訪れていた時期があった。
そして、旅先で美味しいと思ったものを出したり、買ってきたものを販売したり、ライブや展示をやったり出来るカフェを作ることを夢見ていた。
現実的には難しいよな、なんて思ったりしているウチにその夢はどこかへと閉まっていた。
このお店はその夢を実現している、凄い、行かないと! すぐに行ける日を考え始めた。
先週の日曜に行くぞ! と思ったら、ちょうど第3日曜日はお休み。
昨日やっと行くことが出来た。
旅仲間を引き連れ、辿り着いたのは横浜の綱島。
今まで降りたこともなく、何があるのかも全く知らない街だった。
お店へと向かうこと約5分、そのエリアで1つだけ違う雰囲気を漂わせている店が見えてきた。
お店の名前はPOINT WEATHER、外観までセンスを感じさせる。
中に入ると、日曜のお昼時とあって結構人が居て、座れる席がなかった。
店員さんから、席が空いたら連絡出来ますというので、お願いした。有り難い対応。

30分ぐらいは掛かるだろうという事だったので、近くを流れる鶴見川へ。
河川敷では、遊ぶ子供達、犬の散歩をする人、運動をする人。
川では川鵜が魚を捕り、空にはかもめにトビに鳩。
眺めているだけで幸せな気持ちになる。

暫くして連絡があり、お店へ。
サイトでは内装は一部しか分からなかったが、とても雰囲気の溢れる空間。
ナチュラルなもの、古いもの、カリモクのイス、写真、小物、上手く合わせないと難しそうなものをバランス良い空間に仕上げている。
置いてある本もTRANSIT、COYOTE、旅学といった旅モノから絵本、アート、建築などといったものまで。自分たちの感覚に近すぎで驚いた。
掛かっている音楽もLOTUS、アン・サリー、MICE PARADEなど、趣味が被り過ぎで驚きの連続。

ランチのセットを2種類注文。
テンペとアボカドのサラダ丼、キーマカレー。
どちらも美味しく、丸々もう一回食べられると思ったほど。
ドリンクとデザートが付いて1000円以下はお得。

食事が終わったころ、店長の寺本さんと話をする。
話していて旅が好きな人だということがヒシヒシと伝わってくる。
新たな旅の予定もあるようで、メニューや小物に反映されるのかと思うとこちらも楽しみ。
生活圏内だったら通ってしまう店になること違いなし、家から離れているのが悔しい。
でも横浜でお腹が空いたら、電車に乗ってでも再訪したい。

POINT WEATHER

http://www.pointweather.net/


〒223-0053
神奈川県横浜市港北区綱島西 1-14-18
*東急東横線綱島駅西口より徒歩5分
TEL/FAX…..045-542-2694
open…..12:00 – 23:00
close…..月曜日,第三日曜日
*日曜日は 12:00 – 19:00

鎌倉に戻り、冷え切った身体を温めるべく稲村ヶ崎温泉へ。
稲村ヶ崎の駅に付くと夕焼けがうっすら残っていたので、海へと向かう。
その途中、誰かから声を掛けられた。
声を掛けて来たのはイタリア人の知人、もうすぐ一度イタリアへ戻ると言う。
その戻り方が凄い、中国へ船で渡って陸路で帰るという。
インドとか行くの?と聞くと日本に来る時に寄り道して来た、1年、と言う。
凄すぎる。
彼は日本が大好きなので、また帰ってくると言っていた。
楽しい友達。
海へ出るとまだ夕焼けが少し残っていた。
富士山もクッキリとしていて、寒さも忘れるような景色。

その後、温泉に入りしっかり暖まった。
少し高いけど、近くに温泉があるっていうのはイイ。
たっぷりと遊んだ一日。
旅音へのリンクはご自由にどうぞ。
ご意見・ご感想はフォームページよりお送りください。
2009.1.25 横浜・鎌倉
by スミサト

Join the discussion 6 Comments

  • choki より:

    このカフェ行きたいです。
    いつまでたっても休日らしい休日がとれないのですが、土曜日の早い時間とかに行けたら・・・。

    それと、はずかしながら鎌倉に温泉があるなんて
    知りませんでした。これも行かねば。

  • スミサト より:

    ■chokiさん
    ぜひぜひ、東横線で横浜へ向かうことなどがあったら、途中下車もイイかもしれません。
    温泉は数年前に出来たんですよ、確かにあまりメディアとかでは見ないかもしれないですね、小さくて、少し高いのがアレなんですが、近場に温泉っていうのは嬉しいもんです。
    お子様はNGなので、複数人で行く際にはご注意を。

  • hana より:

    こんにちは。
    稲村ガ崎の温泉。
    長谷~極楽寺にお散歩に行き、海に出たらあったので、びっくりしました。
    いつの間にかできていて、気にはなっていたものの、値段が少々高い気がして、いかないでいました。
    広いのかなー。
    澄んだ空気の日の、あのあたりからの景色、とっても綺麗ですよね。

  • スミサト より:

    ■hanaさん
    意外と市民でも知らない人多いんだよね。
    大々的にやると混みすぎちゃうからかな、小さいし。
    値段は高いけど、近いというのは魅力だよ。
    あとはタオル持参して、抑えるとか。
    稲村ガ崎の坂を上っているときに富士山が見えてくるのが凄く好きなんだよね、今のシーズンは特に最高!

  • ポンチのお父さん より:

    稲村ヶ崎に温泉?
    今年70才になる私が、初めて鎌倉を訪れたのは1.5才の時で、母の母が住んでいました。そして39才の時に湘南に引っ越してきましたが、鎌倉にいつ温泉が生まれたのかは知りませんでした。確か鎌倉と北鎌倉の間にある旅館には洞窟の風呂が有るとかは聞いたことがありますけど。
    稲村ヶ崎に温泉があると聞いたからには、早速行かなくてはいけませんね!そして、今回のブログにあったような夕日を眺めたいです。明治のはじめに日本の温泉と海水浴を医学的に高く評価したベルツ博士のお陰で、草津温泉と葉山の海水浴場はクローズアップしたとのことですが、稲村ヶ崎の温泉をベルツ博士にもご紹介したいですね。

  • スミサト より:

    ■ポンチのお父さん
    温泉が出来たのは数年前なので、知らない人が多いようです。
    近いこともあるので、機会があったら訪れてみるといいでしょう。