Blog

子連れ旅

IMG_0748

Thailand days:タイはとにかく楽しい

チビオトとの海外の旅も8度目。長時間のフライトでぐずる年齢でもないし、できれば家族全員行ったことのないどこか遠い場所へ、と思っていたのに、なんだかんだで渡航先はタイに。東南アジアは慣れもあるから、新鮮味に欠けるよなあ……と考えつつ、スワンナプーム国際空港に降り立った。バンコクにやってきたのは5年ぶり。

Read More
img_8574

Thailand days:バンコク乗り物大作戦

今回のタイの旅は、はっきり言って、行き当たりばったりだった。いくつもの旅先候補が挙がったうち、タイ再々訪がいちばんいいのではと思いつつも、決め兼ねたまま時は過ぎ、途中でカリブ海クルーズの取材が舞い込んで計画は一時ストップ。日本に戻ってきて、やっぱりタイにしようと決め、ようやく本腰を入れて準備を始めたのが出発3週間前の12月中旬頃。飛行機のチケットを押さえ、ホテルの仮予約をし、ギリギリまでネットでなんだかんだ調べて、バタバタと旅立った。

Read More
img_8182

チビオト、8度目の海外に

おとといからタイに来ている。6歳のチビオトにとって、3度目のタイ訪問となる。初めてのタイは1歳のときで、ほぼ抱っこしたままバンコクの街を歩き回った。次は2歳になってから。マレー鉄道で国境を越えてクラビまで向かった。

Read More
img_6059

カリブ海から帰国

子連れ海外取材を終えて日本に戻ってきた。今回はカリブ海を巡るクルーズ船に乗船し、ミュージカルを観たり、フォーマルな装いで食事をいただいたりと、初めて体験することばかり。これまでの旅とは180度違うため、最初のうちは戸惑う場面も多かったが、終わりが近づくにつれて「ああ、もっと乗っていたいなあ」と名残惜しさを感じた。アメリカを出港したのち、ハイチ、ジャマイカ、メキシコと上陸し、ふたたびアメリカに戻る7泊8日の旅。

Read More
img_4385

子連れ海外取材へ出発

まもなく2016年が終わろうとしているが、1月のベトナムに続いて、今年2度目の海外に出かけることになった。旅にまつわるあれこれを発信しているので、しょっちゅう出かけている印象があるかもしれないけれど、基本的には年に一度のペース。今回のように、2回も日本を出るのは実に10年ぶりだ。そして、0歳のときからいっしょに旅しているチビオトを連れてとなると初、である。

Read More
tsutaya

代官山蔦屋書店のトラベルコーヒートーク終了!

6月から4回に渡って旅音が出演した、代官山蔦屋書店のイベント「トラベルコーヒートーク ~育旅! 子連れにやさしいアジアの旅~」が無事終了しました。お子様を連れてお越しいただいた皆様、運営にご尽力いただいたスタッフの皆様、本当にありがとうございました!!

Read More
tct4

いよいよ最終回 !「育旅!子連れにやさしいアジアの旅」 9月8日(木)@代官山蔦屋書店

今月11日に開催した際、素晴らしい飛び入りゲストも参加して(その様子はこちら)、とてもいい雰囲気で終了した代官山蔦屋書店でのトークイベント「育旅!子連れにやさしいアジアの旅」。次回、9月8日(木)にいよいよ最終回を迎えます。ラストの第4回目は「子連れの旅に出かけよう」ということで、実際にプランニングするとき、どういう手順で進めていけばいいかをお話しします。

Read More
tsutaya

CAは子連れ旅の味方

今回で3回目となった代官山蔦屋書店でのトークイベント「トラベルコーヒートーク」の「育旅!子連れにやさしいアジアの旅」を先日開催しました。普段は幼稚園に通っていて参加できないチビオトですが、ただいま夏休み中につき、初めて全員で出演することに。

Read More
kodure

子連れの旅の心配あれこれ 「育旅!子連れにやさしいアジアの旅」 8月11日(木・祝)@代官山蔦屋書店

ご好評いただいている、代官山蔦屋書店でのトークイベント「育旅!子連れにやさしいアジアの旅」。3回目は8月11日(木・祝)、今年から祝日となった山の日に開催です。今回のテーマは「子連れの旅の心配あれこれ」。旅音が海外に持っていくアイテムを持参して、実際に見ていただこうと思います。そして、なんとチビオト(6歳)もイベントに初参加!

Read More
006-06

今週9日(木) 第1回 「育旅!子連れにやさしいアジアの旅」開催です

代官山蔦屋書店でのイベント「トラベルコーヒートーク」、いよいよ今週の木曜日(9日)に迫ってきました。現在のところ、まだお席に余裕があるとのことです。小さなお子様がいらっしゃる方だと、ギリギリまで様子を見て、直前に参加するかどうかを決めようかな、というケースも多いのではないでしょうか。どうぞ無理のない範囲で、参加をご検討いただけたら幸いです。

Read More