さあ、気持ちも新たに2008年スタート。
抱負を語る前に、まずは旅から無事帰ってこられた報告と、感謝の気持ち、そしてこれから1年の無事を祈って初詣で。
そのまま深夜の寺社を徘徊して、それぞれの魅力を再発見。


防寒対策をばっちりキメて、除夜の鐘をつくために向かったのは、家から徒歩10分ほどの長勝寺。
先日、スミサトの誕生日のときに双子座流星群を見に行ったお寺。
除夜の鐘をつくために待っている人の列に並び、厳かな気持ちでそのときを待つ。
鐘のつき方もいろいろで、力強くつきすぎてバウンドしたために2度も鳴ってしまったり、
弱すぎてほとんど音が鳴らなかったりと、バラエティに富んだ音色があたりに響く。
その後は寺務所に入り、あたたかいおしることほうじ茶をいただく。
じつはこれがいちばんのお目当てかも・・・
さまざまなお寺の除夜の鐘がかすかに聞こえるなか、そこからてくてく歩いて、大混雑が予想される鶴岡八幡宮を冷やかしにいく。
大みそかの深夜からは、一般車両は許可証がないと鎌倉市内の道路を通行できないため、車道はガラガラ。
この普段とはちょっと違う光景を目にできるのも、お正月ならでは。

途中にある本覚寺へ立ち寄ると、ずらーっと並んだぼんぼりに灯りがともっていて、その光に吸い寄せられるように境内へ。
食べ物の出店も参拝客もたくさんいて、なんともにぎやか。
境内でビールやら熱燗やらを楽しめるなんて、酒飲みにとってはパラダイスのようなお寺だ。

さて、鶴岡八幡宮へ続く若宮大路までやってきた。
思ったほどの人ごみではなく、ちょっぴり拍子抜け。
それでも到着してみれば、入場規制がかかっているわ、特大スクリーンで参拝の仕方が放映されているわ、規模の大きさがうかがえる。

すでにお参りしていたので、本当に冷やかしただけでこの日は帰宅。

後日、かな子が本厄を迎えるので、厄払いのために八雲神社へ。
ここへは毎年、お札や正月飾りを燃やすどんと焼きの際に来て、おしるこを食べるのが恒例となっている。(やっぱり、おしるこ・・・)

神殿にあがり、儀式を執り行ってもらう。
「今年1年、無事に過ごされますように」と神主さんに言われ、ここまでは順調かと思われた厄払い。
その後の言葉で大変な事実に気づく。
「すべての儀式が終わりましたので、どうぞお神酒をお召し上がりください」
・・・まずい。
お払いの順番を待つあいだ、暇だから飲んじゃおうという安易な理由で、すでに飲んでしまった。
神様、怒ってないかしら。
これから気を引き締めてやっていくので、どうぞ寛大なお心でお許しを。
■■ サイト更新情報 ■■
●News Letter(Top右下)を始めました。
旅音からのお知らせがたまに配信されます。
以前「案内希望」としていただいた方は登録させて頂いております。
解除もご自身で出来るようになっておりますので、お気軽にどうぞ。
●Photoページの憎めない奴らを更新しました。
●IE6でブログの表示が崩れていたのを直しました。
●今回からカメラがOlympusのE-410になりました。まだ慣れません。
 RicohのGX8も併用で更新するつもりです。

ディスカッションに参加 2 件のコメント

  • shinro より:

    流星群をみたあの寺は「長勝寺」って言うんですね。
    あの時とはにぎやかさが違いますね。
    本覚寺のぼんぼりキレイですね。
    そういや自分はまだ初詣してません。どこか行かないと。

  • かな子 より:

    ■shinroくん
    厳かな雰囲気があたりに広がっていまして。
    とてもキャーキャー言いながら、ケーキを食べた現場とは思えなかったです。(笑)
    本覚寺の灯籠群は、本当にキレイです。
    ぜひデートコースとしてご検討を。
    あ、冬の間だけなので、急いで急いで!

© Tabioto all rights reserved.