参加者、登壇者、スタッフの安心・安全を第一とするため、「6/20(土)」へと延期いたしました。(2020年4月3日追記)

新型コロナウイルスの問題が続いている中で、イベントの告知をするのはあまり良いタイミングとは言えないのですが、前々回のブログでお知らせした通り、6月20日(土)にトークイベントを予定しています。(※5月9日(土)から延期となりました
会場となるあーすぷらざでも一部休館の延長が告知されていて、先行きが見通せない状況が続いているものの、6月には少しでも事態が好転していることを願います。

先日、インドでは21日間の外出禁止令が出されました。
また、現在飛行機は運休中で観光ビザも一時無効になったため、どんなに行きたくてもインドに入国することが叶いません。
しばらくは現地に足を運ぶことが難しい状況ですが、旅音の写真展を含めた今回の企画展「ひとに話したくなる秘密のインド展」では、全力でインドの魅力をお伝えしたいと思います。

開催について変更などが発生した場合は、こちらのページでもお知らせいたします。

旅音×山本高樹クロストーク『変わるインド、変わらないインド、その魅力』

インドはいつもおもしろい。
1度行っただけではそのすべてを見せてはくれない。
民族も言語も宗教もそれぞれ、
急速に生活スタイルが変化する都市部、
昔と変わらない景色の地方の村々…。
変わるインドと変わらないインド、
そこに秘められている魅力について、
インドを旅してきた旅音と山本が語り尽くします!
行ったことあるひともないひとも、
インドの魅力をぜひみつけに来てください!

インドの写真展『迷い込んでINDIA』4月18日(土)~6月21日(日) に伴うトークイベントを著述家・編集者・写真家の山本高樹さんをお迎えして開催いたします。

山本さんは4月25日に新刊『冬の旅 ザンスカール、最果ての谷へ』(雷鳥社)を発売されます。
イベントでは、何度も通われているラダック、そして新刊の地となるザンスカールについてもお話いただきますし、「地球の歩き方インド」の制作で訪れた街などについてもお話いただく予定です。お互いに90年代からインドを見ているので、変わりゆくインド、そして近年のインドについてまで幅広く話をいたしますので、ぜひ起こしください。

当日、会場にて山本さんの新刊を購入いただけます。(旅音の本も)
また、山本さんと話すのは、撮影を担当している林澄里となりますが、妻子も会場に来る予定です。

旅音×山本高樹クロストーク『変わるインド、変わらないインド、その魅力』
林澄里

≪林澄里(旅音)≫
旅にまつわるさまざまな仕事を手がける夫婦ユニット「旅音」 で写真を担当。単行本や雑誌の撮影、トークイベント出演など多岐にわたる。近年は息子といっしょに海外へ出かけるのが恒例行事に。

山本高樹

≪山本高樹≫
著述家・編集者・写真家。2007年から約1年半の間、インド北部の山岳地帯、ラダックに長期滞在して取材を敢行。以来、ラダックでの取材をライフワークとしながら、世界各地を飛び回る日々を送っている。
http://ymtk.jp/ladakh/

冬の旅 ザンスカール、最果ての谷へ

冬の旅 ザンスカール、最果ての谷へ』 ザンスカール、最果ての谷へ』 ザンスカール、最果ての谷へ』 ザンスカール、最果ての谷へ』 ザンスカール、最果ての谷へ』 ザンスカール、最果ての谷へ』 ザンスカール、最果ての谷へ』 ザンスカール、最果ての谷へ』 ザンスカール、最果ての谷へ』 ザンスカール、最果ての谷へ』 ザンスカール、最果ての谷へ』 ザンスカール、最果ての谷へ』 ザンスカール、最果ての谷へ

マイナス20℃にもなる極寒の世界の中、幻道「チャダル」を辿り雪崩の跡を踏み越えて挑んだ旅をまとめた『冬のザンスカール、最果ての谷へ』が、4月25日に雷鳥社から出版されます。

出版社:雷鳥出版社 著者:山本高樹
定価 1800円+税 /A5変形 (188 ×148 )/ 並製/4C ・1C /288 ページ2020年4月25日発売

お申し込み / 「新型コロナウィルス」感染予防対策 / 参加者へのお願い

あーすぷらざイベントページにて『申込方法 / 新型コロナウイルス対策 / 参加者へのお願い』を記載しております。
ご参加希望の方は必ず目を通してください。

© Tabioto all rights reserved.