Blog

img_6059

カリブ海から帰国

子連れ海外取材を終えて日本に戻ってきた。今回はカリブ海を巡るクルーズ船に乗船し、ミュージカルを観たり、フォーマルな装いで食事をいただいたりと、初めて体験することばかり。これまでの旅とは180度違うため、最初のうちは戸惑う場面も多かったが、終わりが近づくにつれて「ああ、もっと乗っていたいなあ」と名残惜しさを感じた。アメリカを出港したのち、ハイチ、ジャマイカ、メキシコと上陸し、ふたたびアメリカに戻る7泊8日の旅。

Read More
img_4385

子連れ海外取材へ出発

まもなく2016年が終わろうとしているが、1月のベトナムに続いて、今年2度目の海外に出かけることになった。旅にまつわるあれこれを発信しているので、しょっちゅう出かけている印象があるかもしれないけれど、基本的には年に一度のペース。今回のように、2回も日本を出るのは実に10年ぶりだ。そして、0歳のときからいっしょに旅しているチビオトを連れてとなると初、である。

Read More
img_4294

ゲストハウスに泊まろう(昭文社)

日本でここ数年増え続けているゲストハウスに焦点をあてた本『ゲストハウスに泊まろう』(昭文社)で一部の撮影・執筆を担当。ゲストハウスとは、オーナーやスタッフが、訪れた人に「ここに来てよかった!」と思ってもらえるように知恵を絞り、自分らしさをアピールしながら、身の丈にあった接客やサービスを提供するのが持ち味だと思う。この本には、ぜひ足を運んでみたくなる個性的な宿が多く掲載されている。

Read More
img_4259

6歳児に大人が好む音楽を聴かせ続けた結果…

音楽好きの両親のもとに生まれたからには、音楽に興味を持って欲しいと思っていた。胎教はビートルズで、出産後もまずはビートルズを、と事あるごとに流したのだが、チビオトが気に入ったのは「イエローサブマリン」ぐらいで、あとはほぼ関心を示さず。1~2歳代はノリの良いファンク系を好み、JBや在日ファンクをかけるとうれしそうにしていた。

Read More
img_2064

あの、メキシコのオアハカチーズを日本で食べる

その土地のおいしいものを食べることは、旅の楽しみのひとつだ。メキシコ南東部にある、先住民が多く暮らすオアハカの街を訪れたとき、絶対に食べたいと思ったものがあった。それは、オアハカチーズ(ケソ・オアハカ)。日本で売られている「さけるチーズ」の原型といわれている。

Read More
img_4174

地引網日和

11月5日(土)、「第5回三世代交流事業in坂ノ下」に参加した。このイベントの目玉は地引網。チビオトにとっては初の体験になる。それぞれ自分の自転車にまたがって、海沿いを走って会場の坂ノ下海岸に向かう。家を出たときは曇り空で肌寒かったのに、浜に着いたら次第に青空が広がり、いつの間にか小春日和という言葉通りの暖かな晴天に。

Read More
img_3424

竹沢 うるま「Kor La」

今月14日からキヤノンギャラリー S(品川)で始まった竹沢うるま君の写真展 Kor La のレセプションに行ってきた。中国、インド、ネパール、ブータンの、チベットを除くチベット文化圏を2年に渡って撮影した写真集『Kor La -コルラ-』の発売に合わせて、11月21日(月)まで開催される。「コルラ」とは、チベット仏教徒が聖地を時計回りに廻って巡礼することを言う。

Read More
img_7194

キャンプ 2016

昨年、初めてチビオトとキャンプに出かけ、「こりゃ楽しい。来年はもっと行こう!」と意気込んで迎えた2016年。梅雨が明けてからは休みのたびに計画を練ったものの、こちらのやる気とは裏腹にすっきりしない天気が続いたため、現時点で2回しか行けていない。自然の中でのアクティビティだから仕方がないとはいえ、もっとこう「いやー、今年の夏は遊び尽くした!!」という達成感が欲しい。

Read More
tsutaya

代官山蔦屋書店のトラベルコーヒートーク終了!

6月から4回に渡って旅音が出演した、代官山蔦屋書店のイベント「トラベルコーヒートーク ~育旅! 子連れにやさしいアジアの旅~」が無事終了しました。お子様を連れてお越しいただいた皆様、運営にご尽力いただいたスタッフの皆様、本当にありがとうございました!!

Read More
tct4

いよいよ最終回 !「育旅!子連れにやさしいアジアの旅」 9月8日(木)@代官山蔦屋書店

今月11日に開催した際、素晴らしい飛び入りゲストも参加して(その様子はこちら)、とてもいい雰囲気で終了した代官山蔦屋書店でのトークイベント「育旅!子連れにやさしいアジアの旅」。次回、9月8日(木)にいよいよ最終回を迎えます。ラストの第4回目は「子連れの旅に出かけよう」ということで、実際にプランニングするとき、どういう手順で進めていけばいいかをお話しします。

Read More